相続に関する専門家|相続税・相続放棄の手続きはプロを頼ろう

男女
  1. ホーム
  2. 遺言書での問題

遺言書での問題

男性女性

遺言書を書く方が増えています

遺言についてテレビや雑誌で取り上げられることが増えました。その理由は遺言書を書く方が増えてきているからですが、その理由は何なのでしょうか。例えば、相続問題です。民法には相続分が設定されています。しかし、必ずしもそれに従うことが一番公平な相続であるとは言えません。そのため、遺産分割で揉め事が発生してしまいます。しかし、遺言書を書くことで、この問題を解決できます。相続人以外の者に遺産を譲るためにも利用されます。相続人以外の者は、故人の遺産を取得することができません。相続権がないからです。ただし、例外的に取得する方法があります。それが遺言による取得です。これらのような理由から遺言書を書くのが現在のトレンドとなっています。メリットが大きいため、書き方への周知度が高まれば、ますます書く方は増えるでしょう。

自筆証書遺言を作成してみよう

遺言書の作成方法は主に3種類となっています。自宅で気軽に書きたいのであれば、自筆証書遺言がおすすめです。ただし、書き方には決まり事があるので、しっかり守るようにしましょう。丈夫な用紙、消すことができないボールペンを使って、自筆するようにしましょう。他人に書いてもらうのも、パソコンで書くのも厳禁です。遺言書には必ず日付を書く必要があります。吉日や某日など、書いた日を特定できない表現は認められていないので、注意して下さい。遺言書には署名・押印が必要となります。訂正する際は注意して下さい。署名し、訂正印を押す必要があります。訂正箇所が多くなるようであれば、書き直してしまいましょう。最後に封筒に入れ、実印で封印して完成です。保管場所にも注意するようにしましょう。見つけてもらえなければ意味がありません。できるだけ分かりやすい場所を選ぶようにしましょう。